体力づくり【福本】

筋力をつけようと思い立って、なわとびを始めてみました。
びっくりしました。3回しか飛べませんでした。
今は50回は飛べますがとてもきついし寒いとおっくうになるので、スクワットを続けることにしました。
スクワットの姿勢チェックと回数をカウントしてくれるスマートフォンのアプリがあり、がんばれそうな気がしています。

Posted in 福本征子 | Leave a comment

落石【河野】

雪が降ったり、強い雨の日が続いたりとはっきりしない天気がつづいて
います。通勤途中、山肌から転がってきた大きな石が道路に流れ出て
いました。道路から道路わきによけておいたのですが、強い雨が降った
時ではなく、雨が止んで2日後のことでした。崩れやすくなっているところ
が多いので、事故には気を付けたいと思います。

河野

Posted in 河野仁之 | Leave a comment

空き家【溝口】

空き家率ランキング   空き家数ランキング
1 北海道夕張市 40.0   1 東京都世田谷区 49070
2 山口県周防大島町 33.4   2 東京都大田区 48080
3 北海道歌志内市 33.3   3 鹿児島市 47100
4 北海道三笠市 31.6   4 大阪府東大阪市 44180
5 和歌山県串本町 30.2   5 宇都宮市 44050
6 高知県室戸市 29.7   6 東京都足立区 39530
7 高知県土佐清水市 28.4   7 大阪府吹田市 38540
8 三重県熊野市 27.8   8 松山市 38360
9 岩手県山田町 27.8   9 岐阜市 38320
10 大分県国東市 27.5   10 兵庫県尼崎市 37130

 

空き家数ランキングは、最も多い世田谷区でも、東急世田谷線沿線や祖師谷地区などのような、戸建てや比較的小さな集合住宅が集まり、65歳以上の人口割合が高い地域で数値が高かった。また県庁所在地が4市入っている。

空き家率ランキングは、夕張市、歌志内市、三笠市と北海道の炭鉱都市が上位に入った。周防大島町や串本町のように都市部から離れた地域も空き家率が高くなっている。

各自治体は空き家の取引を仲介するサービスを導入するが、住宅業界では新築志向が根強く、利用が乏しい。また建物の老朽化が進んでも取り壊さないケースが多く、住居に認められている固定資産税減免措置の見直しも必要になっているそうです。

 

リフォーム、リノベーションのように再利用できる空き家率を1/3とした場合、各自治体に建つ住宅の8%程度は新築よりも安価に入手できる住宅資源と言えます。中古車に乗れるのであれば、リフォーム、リノベーション住宅の方がよっぽど手垢感は残っていません。上手く活用していきたいものですね。

Posted in 溝口康隆 | Leave a comment

音楽の愉しみ方【福本】

スマートフォンの音楽ストリーミングサービスをよく使います。
懐かしい曲が流れるたびに「このレコード持ってた」「テープにダビングした」と思い出しています。
40年くらいの間に音楽媒体はどんどん進化して便利になりました。
試聴もできますし、廃盤になった曲も聴けたりします。
友達がおすすめの曲をSNSで送ってくれたり、会った場所で一緒に聴けるのはとても楽しいです。
でも、私はレンタルレコード屋さんに通ったり、ダビングしたカセットテープやMDのラベルを書いたりすることも愉しかったな、と思うこの頃です。

Posted in 福本征子 | Leave a comment

健康診断【河野】

年に1度の健康診断を受けました。昨年より体重が増えており
体重を減らさないといけないと感じています。冬場は運動量
が減っているので食事のとり方にも気を付けていこうと思います。

河野

Posted in 河野仁之 | Leave a comment

世界新車販売台数【溝口】

2019年の世界新車販売台数が2年連続でマイナスとなったそうです。2年連続マイナスはリーマンショック時以来で、2019年は前年比で4%前後の減少となった模様です。新興国需要で膨らんだ需要が縮小しており、自動車メーカーの人員削減や再編が加速するかもしれません。

リーマンショック時は新興国の需要が急減しましたが、新興国が伸びマイナスを補いました。今回は世界最大市場の中国や4位のインドが景気減速で販売が落ち込み、日米欧も販売が振るわず、世界全体の需要を支える市場がないそうです。

 

2年連続マイナスの最大の要因は、世界の約3割を占める中国市場の低迷だそうです。貿易戦争の長期化などで景気が減速し、実質賃金低下や雇用継続の不安が広がり、内陸部の年収100万から200万円の消費者が購入に慎重になったようです。また、インドは金融機関の信用不安などによる景気減速の影響が大きいそうです。前年度比で約14%の減少となったようです。

 

自動車産業はグローバル市場となっているので、世界全体の景気が経営に大きく影響しますね。また、所有からシェアへ自動車所有の概念が変わっているためか、株価が過去最高を更新した米国でさえ、2年ぶりに前年を下回ったそうです。

いずれにしろ、買物はスーパー、ホームセンター、デパートからネット通販へ移行、食べるものもウーバーイーツなどの配達サービスを利用、そして仕事でさえも在宅勤務が広がりつつあり、自分自身が移動する必要が減ってきております。このような環境下では自動車販売数はなかなか伸びないでしょうね。自動車メーカーの再編は必至かもしれません。

Posted in 溝口康隆 | Leave a comment

予防【福本】

新型コロナウィルスのニュースが毎日伝わってきますが、不確かな情報に不安にならないようにしなくてはと思います。
ひとりひとりができる予防が大事だと思うので、手洗いや咳エチケットに努めます。
感染された人が早く良くなられますように、ワクチンが早く開発されますように。

Posted in 福本征子 | Leave a comment

雪【河野】

朝起きるといつもより寒さを感じたので、外を見ると
雪が降り、家や車の上が白くなっていました。うっすらと
白い程度だったので、日が昇るとすぐ消えてしまします。
今年は、例年になく雪が降らないので春以降の水不足
が心配されます。

河野

Posted in 河野仁之 | Leave a comment

2019年の日本10大ニュース【溝口】

昨年末の日経新聞に、読者による2019年の日本10大ニュースが発表されました。

 

1 天皇陛下が即位。「令和」に改元 96.4%
2 ラグビーW杯日本大会開幕、日本8強 84.0%
3 京都アニメーション放火、36人死亡 79.8%
4 消費税率10%スタート 79.8%
5 東日本で台風大雨被害、死者相次ぐ 72.9%
6 ノ-ベル化学賞に吉野彰氏 65.2%
7 沖縄・首里城が焼失 63.4%
8 ゴルフ・渋野日向子が全英女子優勝 45.3%
9 マリナーズ・イチローが引退表明 36.5%
10 徴用工問題で日韓関係悪化 32.5%

 

1、2、4、5、8、9、は同意なのですが、3、6、7、10は、14位だった「高速道であおり運転、男を逮捕(22.0%)」や、15位「探査機はやぶさ2、小惑星リュウグウに着地成功(18.1%)」、17位「バスケ・八村塁、NBAドラフトで日本人初の1巡目指名(15.8%)」、25位「国立天文台などの国際チーム、世界初のブラックホール撮影成功(8.8%)」が、入れ替わっても良いと感じました。

 

個人的には、「日本」10大ニュースではないかもしれませんが「グーグルが量子コンピューターを実証した」が1位でも良いのではないかと考えています。グーグルCEOが「地球から最初に飛び立った宇宙ロケットに匹敵する成果」と言っていますが、それどころでは無く、我々の未来が変わっていく科学成果であり、日本にも大きな影響を与えると思います。

Posted in 未分類, 溝口康隆 | Leave a comment

大寒ですが【福本】

二十四節気では大寒ですが、雪の降らない日が続いています。
このまま春になりそうな気分でいますが、またスタッドレスタイヤは念のため装着しておこうと思います。
タイヤがすり減るばかりなのですが…

Posted in 福本征子 | Leave a comment

梅【河野】

新年になっても暖かい日が続いています。
市内の梅も蕾が膨らみ始めていました。

積雪を経験する前に春がやってきそうです。

河野

Posted in 河野仁之 | Leave a comment

岡山県と観光

アジア、欧米豪の海外旅行経験者のうち、岡山県について知っている人が12.7%だと分かったそうです。前回の2018年の調査に比べて1.3%増えましたが、隣県の広島県(37.5%)に大きく水をあけられています。また、岡山県を知っている人の中で、訪問してみたいと回答した人は27%となっており、全体の3.8%となっています。

一方、関空から入国して広島を訪問したり、広島空港から関西に向かったりする人が多く、岡山県が通過されている点が浮き彫りになったそうです。

 

観光とは「光を観る」ことであり、その光がユニークであること、大きく輝いていることで、観光客は集まってきます。財務の厳しい地方都市としては、色々なものに手を出すのではなく、一点を突破する必要があると思われます。

スペインのビルバオに作られたグッゲンハイム美術館、スペインのサンセバスチャンにあるレストラン群、スペインのイビサ島にあるクラブやバー、これらは世界でも有数の観光地ですが自然や歴史に頼っておらず、全て現役世代が作り上げ磨いてきた光となります。

 

岡山にこれらの強く輝いた光があれば、素通りされるという問題は発生していません。企画力が無く、実行力が無く、継続力の無い自治体には、観光客を引き付けるほどの光を、作り出すことができないのだと思います。

もちろん観光立県が全てではありません。何によって自治体収入を増やすのか、そこから考えなければならない問題だと思います。

Posted in 溝口康隆 | Leave a comment

2020年02月の店休日

以下が店休日となりますので、宜しくお願い申し上げます。

2月1日(土)2月2日(日)
2月8日(土)2月9日(日)2月10日(月)2月11日(火)
2月15日(土)2月16日(日)
2月22日(土)2月23日(日)2月24日(月)
2月29日(土)

Posted in ★店休日情報 | Leave a comment

初雪の観測【福本】

今週は広島北部は雪がちらつく日がありました。
しかしニュースでは広島の初雪観測はまだだそうで。
広島市中区の気象台で目視で雪またはみぞれを観測した場合に初雪観測の発表があるのだそうです。
そして今年は観測開始以降、最も初雪の遅い年になったそうです。
雪が積もったら甥っ子と雪だるまを作りたいのですが、今年は難しそうです。

Posted in 福本征子 | Leave a comment

積雪【河野】

1月も半ばを過ぎたというのに、雪が降り積もるということがまだありません。
例年なら40㎝程度積もることが何度かあったのですが・・・
今年は、朝方降った雪が地表面をうっすら白くするばかりです。春先から
水不足に悩まされるのではないかと今から心配になります。

河野

Posted in 河野仁之 | Leave a comment

漁獲高【溝口】

函館市の水産物地方卸売市場では、スルメイカの漁獲高が5年間で4分の1に減少し、卸値は2倍に上昇したそうです。不漁の原因は海洋環境の変化と言われています。通常、九州南部沖合の産卵場で生まれ、夏から秋にかけて日本近海を北上しながら成長するスルメイカですが、今年は対馬暖流の流れが強く、通常の7割が韓国側を経由しているようです。

 

気候変動および、人口拡大により、自然から狩猟して食料を獲得する手法が成立しにくくなっているように思います。農耕、牧畜はさらなる効率化を目指す必要があり、魚類の養殖、畜養は拡大していかなければならないと思われます。

また、養殖、畜養技術が確立していない品種については、大きな漁獲制限を設けなければなりません。マグロ、サクラエビ、サンマ、などの日本近海での漁獲は壊滅的です。

 

養殖、畜養に関しては明るい話題もあります。技術的な問題を解決して、沖合養殖が可能となってきています。沖合養殖が広がり、多様な魚類の養殖が可能となれば、日本には膨大な海洋面積がありますので、輸入国から輸出国に転身することも不可能ではないでしょう。穀類の輸出国になることはあり得ませんが、魚類であれば輸出国になり得ることができます。

 

ヘリポートを持ち、豊かに生活できる洋上プラットフォームから、各種センサー類による自動育成システムを持つ生簀を管理するような養殖サイトができれば、気候変動に悩まされなくなり、人口拡大にも対応することができます。希少となってしまった魚種を鶏肉、豚肉のように一般化できたらいいですね。

Posted in 溝口康隆 | Leave a comment

小寒【福本】

寒の入りの小寒ですが、暖かい日が続きます。
この天候のようにおだやかな日々が続く一年でありますように。

Posted in 福本征子 | Leave a comment

仕事始め【河野】

年末年始の休暇が明けて今週から仕事が再開しました。
休み感覚もだいぶ抜けて日常の感覚に戻ってきました。
それにしても1月とは思えない暖かい日が続いて外仕事は
はかどるのですが、夏の水不足に繋がるので少しは、雪も
降らないと困ります。

河野

Posted in 河野仁之 | Leave a comment

暮れに思うこと【福本】

年末年始の休みに入る前にお客様への電話をすることが多かったのですが、そのなかであたたかいお言葉をたくさんいただきました。
「忙しいのにありがとう」
「寒い時期に作業をお願いしてごめんなさい」
「またお電話してね」
とてもうれしくなりました。
相手を思いやるひとことがすーっと言える、気持ちに余裕のある人に自分もなりたいなと思う今年の暮れです。

Posted in 福本征子 | Leave a comment

仕事納め【河野】

2019年の仕事納めとなりました。振返ると1年があっという間に過ぎたように感じます。夏の暑さも乗りきることができ、一緒に働く作業員の中でも熱中症で倒れる人がいなかったことは、よかったと感じています。年々暑さが厳しくなっているので、来年も暑い暑いと言っているのでしょう。来年も良い年に出来るようにしていきたいものです。

河野

Posted in 河野仁之 | Leave a comment