リブラ【溝口】

フェイスブックが発表したリブラは、メッセージや写真を共有する感覚で、コストを掛けずスマホでお金をやり取りできるサービスとなります。

いまの金融では手の届かない人や領域に対して、新たな姿を描いて見せ、リブラの実現は人類の役に立つことを示した。

 

また、かなり実現性が高く、どんな仕組みや運営体制ならグローバルに通用するデジタル通貨になるか、具体策をまとめて提示されている。

例えば「リブラを扱う金融会社は、FB本体と切り分けるとともに、利用者情報をターゲティング広告に使用しない」「リブラの運用は非営利の協会が実施して、FBも他協会員と同等で参加する」「議決権は上限があり集中しない」などである。

 

リブラが普及することが起こりえる変化は次の通りであり、金融界に「覇権を握られるリアルな恐怖感」が広がっていると予想される。

1.現金(現物)が不要になる

2.現物を移動させる必要が無くなるので、既存のシステムが不要になる

3.人の手を介さないので、圧倒的に安価にサービス提供できる

4.距離、量の影響が無くなる

5.他の多くの通貨より、為替が安定する

6.保管にコストがかからない

 

楽しみな世の中になってきました。

This entry was posted in 溝口康隆. Bookmark the permalink.

Comments are closed.